中小企業診断士試験の独学受験での合格の秘訣ブログ

1次試験における前泊のススメ

同友館
doyukan_logo

全国の皆様おはようございます。

インプット重視の独学合格ナビゲーターおにまるです。

 

中小企業診断士試験を実施する「一般社団法人中小企業診断協会」ホームページによれば5月2日より平成29年度1次試験の試験案内が配布が開始されるようです。特に忙しい日々を送っていらっしゃると皆様、まさか申込みを忘れたなんて恐ろしいことのないようにしてくださいね!!

さてさっそくですが本日のテーマは「1次試験における前泊のススメ」です。

試験会場から遠方にお住まいの方は宿泊が必須ですが、そうでない方にも私の経験上、試験前日の宿泊は大変メリットがあります。

 

私が受験した平成27年度1次試験の試験地は早稲田大学(文系キャンパス)でしたが、毎年1次試験が行われる8月上旬は最高気温が30度を軽く超え(東京の場合)、場合によっては35度を超えてきます。言うまでもありませんが35度は灼熱でただ立っているだけでも体力を消耗します。そのような中で丸2日間の試験は体力的にも精神的にもかなり疲弊します。

そこで私はホテルへの試験会場へ歩いて行ける距離にある宿泊をおススメします(歩いていけるというのがポイントです)。1次試験は2日間に渡って行われますので2泊するのがベストです(ちなみに2泊目のチェックアウト時に試験に必要のない荷物はフロントに預けると快適です)。以下にそのメリットを列記します。

 

自宅と試験会場の往復による体力・精神力消耗を防止できること。

これは本当に大きいです。試験日は土曜日および日曜日のため都市部の鉄道は比較的空いています。それでも長時間の乗車や乗換えは確実に体力・精神力を消耗していきます。

人身事故等で鉄道が不通となった場合でも歩いて会場入りできること。

鉄道の不通。考えただけでも恐ろしいですね。しかし全く有り得ない話ではない。試験会場まで歩いていける距離にいるという安心感はとても大きいです。

仮にギリギリ試験開始時刻に間に合ったとしても精神的ダメージは大きいでしょう。

朝食や夕食を自分の好きなものにすればテンションが上がること。

私は1泊目の夕食は大好きな麺屋武蔵鷹虎のラーメンを食べました。そして2泊目の夕食はこれまた大好きなとん久のヒレカツ定食(げんかつぎです)を食べました。これにより多少ですがテンションが上がりました。

晩酌をしても家族等にばれないこと(深酒はやめましょう)。

賛否両論だと思いますが、私は試験前日の夜にそこそこの量のビールを飲みました。但し深酒は絶対にやめましょう!!

 

私が感じたメリットは以上です。しかしながら私が気付かないだけで他にもきっと沢山のメリットがあるでしょう。ちなみに私は高田馬場駅前のサンルートに宿泊しました。このホテルは全般的にいたって普通ですが駅前とは思えない静かさで、なかなかおススメです。なお試験会場の早稲田大学まではバスで向かいました(ちなみに試験は絶好調でした)。

 

前泊を検討している皆様は5月2日の試験案内が公表され次第即、自身の試験会場を予測してホテルの予約を入れてしますのが良いと思います。近年外国人旅行者の影響かどうかはわかりませんが全体的にホテルがかなり取りづらくなっているそうです(私もそう感じます)。

本日のテーマは以上になります。

 

ところで定期的に書いていますが大阪には美味しいものが沢山あって羨ましい限りです!!

そして大阪で思い出しましたが今週末は大阪春セミナー開催です!!

私自身昨年の春セミナー(東京ですが)参加しましたがとても楽しかったと記憶しております。

 

★★★

★大阪春セミナー申し込み受付中!!★

私もそうでしたが独学の方は特に孤独です。セミナーに参加して、自分の立ち位置が正しいか常に確認しましょう。現在大阪メンバーが気合を入れて有益なコンテンツを制作していることと思います。お楽しみに!!

日 時:4/29(土)14:00~16:30(13:30会場)17:00~懇親会

場 所:中央会館 大阪市中央区島之内2-12-31

参加費:500円(懇親会は3500円)

下部のリンクより申し込みできます。

申し込みはこちらから

★★★

 

明日の担当は大阪メンバーの「あきらめたらそこで試合終了だよ」ストレート生合格ナビゲーターよこみーです。

 

↓ポチっと応援クリック(マークをクリック)をお願いします。

合格ナビゲーターの更新の励みになっています(^^)/


にほんブログ村 士業ブログに参加しています

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!皆様のクリックが記事執筆の励みになっております。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

SNSでフォローする