打倒事例Ⅳ!! 財務会計苦手な人向け作戦

同友館
doyukan_logo

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*

『ふぞろいな合格答案14』発売中☆

購入者特典として、

「ふぞろいメンバーが試験当日にアンダーラインやメモの書き込みをした問題用紙のPDF」と

「ふぞろい14メンバーの再現答案と得点開示請求の結果」をプレゼントします!

詳しくは『ふぞろいな合格答案14』をご確認ください!

オンラインショッピングでも購入可能です! 購入はお早めに!

***ふぞろい14紹介動画はこちら***

「ふぞろい」シリーズについて、詳しくはこちら

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*

みなさん、こんにちは~

工学部出身のくせに計算が大の苦手、事例Ⅳを目の敵にしていたNanaです♪

今日は財務会計が苦手な方へ、私が取った打倒事例Ⅳ作戦!を紹介します。

 

突然ですが、財務会計や事例Ⅳは得意ですか?または好きですか?

お仕事でお使いの方も多いでしょうし、簿記の資格を持っている方もいると思います。
そんな方は、事例Ⅳは得点源にする大チャンス!!!!!

イケカコを愛するイノシがオススメする、イケカコの勉強の仕方 ステップ1を参考にイケカコでレベルアップを図るのもオススメです。

 

が、今日私がご紹介するのは

財務会計嫌い、苦手!1次試験もギリギリ!!事例Ⅳ、どうしたら良いの?! という方向けです。
(私は初めて事例Ⅳ解いたとき、そもそも設問が何を聞いているのかが理解できなかったなぁ。。。(遠い眼))

まず、計算が苦手な私が言うのもなんですが…財務会計はスポーツと一緒で練習すればするほどできるようになります。
となると、練習が大事になってきますが、何を使って練習するか、それが大事になってきます。

 

そこで私のオススメは
ステップ1 「30日完成!事例Ⅳ合格点突破 計算問題集
→ステップ2 「事例Ⅳの全知識&全ノウハウ
 →ステップ3 「過去問」 です。

 

まずは「30日完成!事例Ⅳ合格点突破 計算問題集」ですが、オススメ理由は

”一次試験の財務・会計知識~事例Ⅳまでのギャップを比較的簡単な問題で埋めてくれるから”です。

一次試験の財務・会計の知識では、事例Ⅳには太刀打ちできない。
でも私が調べた中では、他の事例Ⅳに関するテキストは難しすぎる… → 挫折しそうになる

この問題集は、比較的簡単な問題が多く、このギャップを少しずつ埋めてくれます。
30日完成!とありますが、少し余裕を見て予定はたてましょう。
私のような財務会計苦手な人だと、1日1問解けないことがよくあります(苦笑)

ただし!個人的な見解ですが、この問題集カンペキ=事例Ⅳ突破、は少し難しいかも?と感じました。
ここで基礎体力をつけて、次のテキストで戦える武器を身につけましょう!!

ステップ1で基礎体力を付けたら、事例Ⅳと戦える武器を身につけるため「事例Ⅳの全知識&全ノウハウ」をどうぞ。

こちらは事例Ⅳに特化した、全知識&全ノウハウで、過去問の中から代表的な問題を載せています。

普通の過去問集と違い、論点ごとに問題がまとまっているのが特徴。
NPVが苦手なんだよね、というときはNPVの章に、NPVに関する過去問がまとまっています。

これで苦手な論点も集中的にケアして、事例Ⅳと戦える武器が身につきます。

 

じゃぁ、ステップ1はやらなくても良いのでは?と思われた方。
事例Ⅳの全知識&全ノウハウ」の解説を読んですぐに理解できた方は、それでも良いと思います。

実は私、最初は「30日完成!事例Ⅳ合格点突破 計算問題集」を持っていませんでした。
事例Ⅳの全知識&全ノウハウ」だけ持っていて、意気揚々と問題を解こうとしたところ
?????全然分からないんだけど??????、となり、
ま、解説読めばいいよね、と思い解説を読んだら
?????解説が何言っているか分からないんだけど?????、となったのです(涙)

そこで「事例Ⅳの全知識&全ノウハウ」は一度やめて、「30日完成!事例Ⅳ合格点突破 計算問題集」で基礎体力をつけることにしたのでした。

 

私はステップ2まで来て、やっと80分を使って過去問と対峙できるようになりました。
(それまでは分からなすぎて、事例Ⅳだけ時間が余る状態…)

過去問をやってみたけど、全然分からない!という方、他の問題集や参考書も検討してみてくださいね。

予備校の方は、事例Ⅳ用のオプション講義もオススメですよ。

 

最後に…
財務会計が苦手だということは、逆にとらえると今から試験までの伸びしろがある、ということです。
事例Ⅰ~Ⅲは、解いても解いても合っているんだかダメなんだかすっきりせず、モヤモヤしますが、事例Ⅳは解答が明確!!ということは差をつけられやすいということです。

私は全然解けるようにならず、鼻血を出しながら問題解いたり、落ち込んだり、すごーく苦労しました(汗)
が、最後には少しずつですが解けるようになってきているのが分かりとても嬉しかったです。

まだまだこれから伸びていきます!
嫌いな気持ちをググっと抑えて、事例Ⅳに取り組んでください。
応援しています!!!!!

 

次回は事例Ⅳチームリーダーで、素敵なマイホームに心躍らせるかもともの登場です!お楽しみに~♪

 

 

「この記事が参考になった」と思った方はクリックをお願いします!
SNSでフォローする