中小企業診断士試験の独学受験での合格の秘訣ブログ

弱点は見つかっていますか?【2次直前期のふぞろい活用法】

同友館
doyukan_logo

こんにちは。チャンスを逃すな! 多年度合格ナビゲーターの、おはこです。

試験勉強で大事なことの1つは「弱点つぶし」。みなさんは自分の弱点が見つかっていますか? 「だいたいわかっている」という人もいれば、「まだはっきりわからない」という人もいるかもしれません。

今回は、1次試験から2次試験までの15週間で実力アップするために不可欠な、自分の弱点の見つけ方についてお伝えします。さらに、『ふぞろいな合格答案』を活用した弱点発見法をご紹介します。

◆御礼◆
『ふぞろいな合格答案(エピソード13)』が発売されました。こうして無事にお届けできるのも、みなさまからお送りいただいた再現答案のおかげです。本当にありがとうございました。

弱点を把握して勉強の効果を高めよう

試験勉強は弱点つぶしの旅

勉強の進み具合にもよりますが、得点を伸ばすには、得意分野を深めるより弱点をつぶすほうが早いです。同じ労力をかけたとき、みんなができない高度なレベルに引き上げるよりも、みんなできるが自分ができない分野の底上げをするほうが、得点化しやすいためです。

そこで、自分の弱点を早く把握して、対策をとっていくことが大切です。

弱点を見つけるには

では、自分の弱点を見つけるにはどうすればよいでしょうか。

やり方としては、①自分の経験から弱点を見つけ出す方法と、②他人の経験から自分の弱点を導き出す方法が考えられます。

まず、自分の経験から弱点を見つけ出すには、実際に問題を解いたうえで、間違えた問題の原因を分析します。

たとえば、「知識が足りなかったから」「解法を間違えたから」「計算ミスをしたから」といった形で間違いの原因を分析し、弱点を把握します。そのうえで、「1次知識を覚え直そう」「解答手順を整理しよう」「計算練習をしよう」という対策をとり、弱点を克服します。

でも、自分の経験だけでは弱点を見つける機会が限られます。他人の経験も自分のことのように捉えて弱点を導き出せると、取りこぼしがなくなります。

人の振り見て我が振り直せ

他人の経験に触れる方法として、勉強会への参加があります。また、受験生支援団体や合格者個人が運営するブログやSNSに投稿された合格体験記も参考になります。

合格体験記にはたいてい、「ここに苦しんだから、こういう勉強をして、合格できた」という話が書かれています。他人が苦しんだところを自分にあてはめてみれば、新たな発見があるはずです。「人の振り見て我が振り直せ」です。

『ふぞろいな合格答案』を活用した弱点発見法

「80分間のドキュメントと合格者再現答案」とは

書籍『ふぞろいな合格答案』には、「80分間のドキュメントと合格者再現答案」というタイトルの合格体験記が掲載されています。

「80分間のドキュメントと合格者再現答案」は、キーワード採点による「答案分析」と並ぶ、ふぞろいな合格答案シリーズの2大企画のひとつです。6人の合格者が2次試験当日までどのような勉強をしてきたのか、当日は何を考えどのように行動したのかを詳細に紹介しています。

ポイントは、当日考えたことがありのままに書かれていることです。

なぜそう言い切れるかというと、このコーナーが合格発表から間もない年末年始に執筆されているからです。得点開示結果がまだ手元に届いていない時期のため、書いている本人は自分の答案がどう評価されたのかわかっていません。当日の感情の動きを正直に書くしかなく、間違った思い込みも含めてありのままに綴っています。

成功したことも失敗したことも記録されているので、弱点発見に活用しやすいのです。

「成功したこと探し」から弱点発見

まずは、「この勉強は成功だった」と書かれている部分を探して、自分の勉強に生かせないか考えます。

2.勉強方法と合格年度の過ごし方」というタイトルのページにある「私の合格の決め手」「効果のあった勉強方法」を6人分、ざっと読んでみてください。自分に必要そうな勉強法はありませんか? 見落としているポイントはありませんか?

『ふぞろいな合格答案(エピソード13)』で具体的に見てみましょう(142~153ページ)。まずは「効果のあった勉強方法」から(見出しを抜粋)。

  • かーな
    ①過去問を解いて『ふぞろい』で答え合わせ ②1次試験知識の復習・グレードアップ ③メリット・デメリット作文
  • テリー
    ①PDCAを意識した学習スタイル ②過去問の論点ごと解きによる事例の特徴把握 ③試験当日の事前シミュレーション
  • じょーき
    ①過去問⇔『ふぞろい』の往復で「試験当日に80分で書けるベストな答案」を目指す ②事例Ⅳ対策は徹底的に ③現代文(大学受験向けの問題集)の訓練 ④新聞コラム40字要約
  • ホリホリ
    ①勉強仲間との勉強会 ②受験生支援団体の勉強会への参加 ③『ふぞろい』による過去問分析
  • まっつ
    ①過去問の徹底活用 ②予備校の活用 ③事例Ⅳの過去問を毎日必ず1問解く
  • おはこ
    ①1次試験を活用した知識の整理 ②論理的に読み書きするトレーニング ③正確に計算するトレーニング(事例Ⅳ)

「私の合格の決め手」も見てみましょう(筆者抜粋)。

  • かーな「勇気を出してやり方を変えていったこと」
  • テリー「隙間時間の有効活用と学習時間や学習内容の見える化」
  • じょーき「信じること」「身近な人の応援」
  • ホリホリ「家族の理解」「メリハリのある生活」「勉強仲間と切磋琢磨」「先輩合格者」
  • まっつ「自分に合った勉強法を見つけ、最後までそれを信じてブレなかったこと」
  • おはこ「読み書きと計算の力を強化したこと」「繰り返し練習したこと」

いかがですか。自分と照らし合わせて気になる勉強法はあったでしょうか? きっとそれが、直前対策のヒントになると思います。

気になる項目があったら、ぜひ『ふぞろいな合格答案(エピソード13)』を読んでみてください。

「失敗したこと探し」から弱点発見 

次に、「失敗だった」と書かれている部分を見つけて反面教師にしましょう。弱点を探すにはこちらが手っ取り早い。

各事例の「3.80分間のドキュメントと合格者の再現答案」というタイトルのページの「終了時の手ごたえ・感想」と、各設問の再現答案の下にある「当日の感触等」を、ダメ出しするつもりで読んでみてください。

具体的にみてみます。仲間のダメ出しをするのも気が引けるので、私のページを別人になったつもりでダメ出ししていきます。

(1)悪いところ探し

丁寧に言葉を拾うことで自分のペースを作るつもりだったが、設問解釈に時間をかけすぎた。

p.175(事例Ⅰ 終了時の手ごたえ・感想)

第2問の書き出しに悩みすぎて、時間切れになるところだった。1つの設問にこだわりすぎてはいけない。

p.199(事例Ⅱ 終了時の手ごたえ・感想)

書き出しに悩んで時間を使いすぎたうえに、文章が不自然になってしまった。

p.200(事例Ⅱ 第2問【当日の感触等】)

見直し時間はほとんどない。

p.223(事例Ⅲ 80分間のドキュメント【手順5】見直し)

時間不足で切り口を明確にできず、与件文を整理しただけになってしまった。過不足があるかもチェックできていない。多少点数が入ればよいのだが……。

p.225(事例Ⅲ 第3問(設問2)【当日の感触等】)

事例Ⅳの空欄2問が心残り

p.247(事例Ⅳ 終了時の手ごたえ・感想)

失敗したところを整理してみると、ほとんどの事例で時間ギリギリだったことがわかります。本番ではこういう状況には陥りたくないですよね。

(2)悪いところの原因分析

次に、なぜ時間が足りなくなってしまったのか分析します。

「効果のあった勉強方法」(p.152)を見てみると、知識補充や書く練習、計算練習はやっているが、タイムマネジメントについては触れられていません。模試も受けていません。

時間不足の原因は、80分間のタイムマネジメントの準備が不足していたためのようです。

(3)自分の弱点を導き出す

分析したら、自分にあてはめてみます。

たとえば、「普段の勉強で20分と決めている設問解釈に23分かかっても、あまり気にしてこなかった」「40分経過したら解答を書き始めると決めているのに、10分遅れて書き始めることもよくあった」「文字を書くのは速い方ではない」といった自分の状況と照らし合わせると、タイムマネジメントで甘さがあることに気付くかもしれません。

こういった要領で、「80分間のドキュメントと合格者再現答案」コーナーから、自分の弱点を見つけてみてください。

弱点が見つかったら対策を立てておく

自分の弱点が見つかったら、対策をしておきましょう。〝おはこへのダメ出し〟から見つけた弱点については、次のような対策が考えられます。

  • 設問解釈にかけられる時間を決めて、普段の問題演習のときに厳守する
  • 与件文を読むときのメモの取り方を工夫して、考えるプロセスを効率化する
  • ストップウォッチで解答の筆記時間を測って、自分の筆記速度を把握しておく
  • 筆記具を見直して書くスピードを上げる

以上のように、自分の弱点を見つけ出し、対策までできれば、直前期の15週間でかなり実力がアップするのではないでしょうか

まとめ

2次直前期に実力アップするために不可欠な弱点発見法をまとめます。

  • 試験勉強は弱点つぶしの旅
  • 弱点を見つけるには自分の経験(問題演習の復習)だけでなく、他人の経験(合格体験記)も利用する
  • ふぞろいな合格答案の「80分間のドキュメントと合格者再現答案」で、合格者の良いところと悪いところを探して弱点を発見する
  • 弱点が見つかったらきちんと対策

【補足】1次試験に向けたエール

1次試験直前なので、私が大事だと思うことを1つだけお伝えします。

本試験には、普通に勉強してきた大多数の人が解けない問題が必ず含まれています。わからない問題に出会っても焦らず、わかる問題から片づけていってください。

その理由はこうです。

まず、1次試験の合格者数の目標は、例年通りだとすると3000~4000人です。そして、6割以上とれば合格という基準と配点が公表されています。

とすると、合格者数をコントロールする方法は問題の難易度しかないため、受験者数約2万人のうち3000~4000人だけが6割以上取れるような難易度で出題されます。易しい問題ばかりではなく、解けない問題が含まれてくるわけです。

実際、「診断士1次試験「中小企業経営・政策」の勉強法【独学者向け】」の記事を書く際に過去問を分析したところ、中小企業白書や施策利用ガイドブックなど出典とされる資料を読んでも解けない問題が、必ず数問含まれていました。

見たことのない問題は、みんな解けないと思っておきましょう。健闘をお祈りしています。

あすはじょーきが、ふぞろいで点数を伸ばす方法を解説します。


にほんブログ村 士業ブログに参加しています

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!皆様のクリックが記事執筆の励みになっております。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

SNSでフォローする