中小企業診断士試験の独学受験での合格の秘訣ブログ

乗りきろう口述試験

同友館
doyukan_logo

みなさん、こんにちは!

若さと行動力で勝負!独学ストレート合格ナビゲーターまーくんです。

いよいよ合格発表が近づいてきましたね。

合格発表後はふぞろいの口述セミナーに是非お越しください!

 

今回は口述試験を乗りきることがテーマです。

乗りきる、というところがポイントです。

まず、二次の筆記試験ですが、これは合格を目指し、必死に勉強し、本番でも全力を発揮して、と非常に大変な試験です。

一方の口述試験ですが、過去の試験結果を見てもわかる通り、合格率はほぼ100%です。

正直、筆記試験を突破された方はそのまま受かります。

口述試験は試験、というよりは今後、実務従事に参加するための面接のようなものです。

バイトの面接のイラスト(男性)

試験に合格された方は実務従事に参加される方が多いです。

これは実際に中小企業の社長さんとお話して、何らかの提案をすることですが、これは人前で話すということです。

合格された皆さまは知識面では十分、社長さんとお話できます。しかし、実際に企業を訪問して一言も口を聞かない、ということがあると社長さんとしても何だコイツという感じになってしまいます。

どんなに適当なことでも的はずれなことでも堂々と喋ることが重要です。(実務従事では必ずフォローしてくれる方がいますし、間違えても後で調べて訂正できます。)

そもそも、この試験に合格されている時点でかなりの知識が身に付いています。適当に喋っているつもりでもそれなりに根拠のあることを喋れるはずです。

 

長くなりましたが、口述試験を面接と捉えれば、ちゃんと指定された時間通り会場に来て、質問されたことに何かしら回答すれば、それで十分なのです。

とはいえ、当日、どんなことを聞かれるのか、どのような雰囲気なのか、気になるところですよね。

という訳で、是非ふぞろいの口述セミナーへお越しください!

 

では次回、あなたのペースでいいんだよ♪粘り勝ち多年度生合格ナビゲーターりえぞが登場です!

 


にほんブログ村 士業ブログに参加しています

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!皆様のクリックが記事執筆の励みになっております。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

SNSでフォローする