簿記の資格をとってから受験したほうがいいでしょうか?

もちろん、簿記の知識が無いよりは、あったほうがいいでしょう。
しかし、診断士試験の範囲より、もちろん簿記の試験範囲のほうが、細かい論点も多いため、無駄な勉強になってしまう可能性もあります。

診断士試験の範囲と簿記の試験範囲を比較すると、
以下の内容だけ抑えておけば診断士試験上は十分です。
・簿記3級の商業簿記 (1次試験の精算表や簿記の知識)
・簿記2級の工業簿記 (原価管理の範囲)
・簿記1級の現在価値の範囲 (NPVなど 1次や2次の両方でつかいます)

個人的には、2級くらいはとってもいいんではないかと思います。

------------------------------------------
今年もやります!!
『ふぞろいな合格答案エピソード12』執筆メンバーによるふぞろいセミナー!!

★ふぞろいメンバーが再現答案を徹底分析、合格答案に見られた傾向を紹介
★ふぞろいを使った効果的な学習方法
★ふぞろいメンバーによる個別相談会
など、内容盛りだくさん!
我々と一緒に合格への道しるべを探しましょう!!

ふぞろい12大阪(春)セミナー
日時:2019年4月20日(土)14:00〜16:00(開場:13:30〜)
場所:難波市民学習センター(大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階)
定員:25名(先着順)

受付開始までしばらくお待ちください。
東京は5月中旬に開催予定です!!

合格ナビゲーターの更新の励みになっています!
ぽちっとワンクリック、ご協力をお願いします!!
↓↓↓

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA