簿記の資格をとってから受験したほうがいいでしょうか?

もちろん、簿記の知識が無いよりは、あったほうがいいでしょう。
しかし、診断士試験の範囲より、もちろん簿記の試験範囲のほうが、細かい論点も多いため、無駄な勉強になってしまう可能性もあります。

診断士試験の範囲と簿記の試験範囲を比較すると、
以下の内容だけ抑えておけば診断士試験上は十分です。
・簿記3級の商業簿記 (1次試験の精算表や簿記の知識)
・簿記2級の工業簿記 (原価管理の範囲)
・簿記1級の現在価値の範囲 (NPVなど 1次や2次の両方でつかいます)

個人的には、2級くらいはとってもいいんではないかと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村

ふぞろいな合格答案です! ほん
お近くのカフェを探してください

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA