カテゴリー: コラム

自分との対話の大切さ

みなさん、こんにちは! ブルーオーシャンです!


もう早いもので今年も3月ですね!

予備校に、通われている方は1次の5科目目(経営→財務→運営→経済ときて情報かな)の講座を受講されているころかと思います。

私もそうだったのですが、今ぐらいの、時期になると勉強のペース配分もこなれきて(実際にはこなれていませんでした…。こなれたつもりになっていただけ。)妙に変な余裕を持ってしまったり(いわゆる中だるみです。)、逆に次々に取り組む科目数が増えてきて、てんやわんやになり、焦っている方もいらっしゃるかもしれません。

ご無沙汰してます、U2です。
お久しぶりです、おかきです。
続きを読む “自分との対話の大切さ”

ラストメッセージ:「多年度受験生」だからこそ発揮できる「強み」がある!

多年度生合格ナビゲーターのみほみほです。1月ももうすぐ終わりですね。昨年の2月に、初めてふぞろいブログを書かせていただいてから約1年。今回がみほみほの最後のブログです。今日は多年度生のみなさまへ、みほみほからのラストメッセージをお届けしたいと思います。

 

みほみほの職場には、「国の産業を育成していくにはどうしたらよいか?」といったことを考える部署があります。みほみほはその部署に行きたいと思っており、そのためには資格を持っていると良いのかなあと考えたのがきっかけで、診断士の勉強を始めました。資格を取ったあと、実際に中小企業を支援するようなことはその時点では考えておらず、ペーパードライバーならぬペーパー診断士になる気満々でした。

みなさん、こんにちは! ブルー

ご無沙汰してます、U2です。

お久しぶりです、おかきです。

続きを読む “ラストメッセージ:「多年度受験生」だからこそ発揮できる「強み」がある!”

合否が気になる? こんな時期こそ『ポジティブ妄想』+α

こんにちは。
多年度生合格ナビゲーター、キッラーンです。

2次試験が終わってから1か月。みなさま、いかがお過ごしでしょうか? これまで我慢していた自分の趣味に明け暮れたり、家族サービスをしたり、溜まってしまった仕事に追われたり・・・。それぞれの生活をお過ごしかと思います。

とはいえ、何をしていても試験の結果が気になって落ち着かないという方がほとんどではないでしょうか? 前回のブログ で紹介したように、昨年のキッラーンは「ダメだこりゃ!」と思っていました。しかし、それでもどこか落ち着かない日々を送っていました。

そこで、今回はキッラーンが受験生活7年 をかけて編み出した(と書くと大げさですが)、この時期に少しだけ不安な気持ちを和らげるコツを2つほど紹介したいと思います。

『勤労感謝の日』に、頑張ってきた自分の感謝し、ゆっくり自分を振り返ってみるのも悪くない過ごし方だと思います。

みなさん、こんにちは! ブルー

ご無沙汰してます、U2です。

続きを読む “合否が気になる? こんな時期こそ『ポジティブ妄想』+α”

ふぞろい7に参加して思うこと

ご無沙汰してます、U2です。
みかんが美味しく感じる季節となりましたね。

今回は、U2が実際にふぞろい7の企画に参加して感じたことを、赤裸々に明かしたいと思います!あくまで、個人的感想ですのでご了承ください(^^) では、早速いってみましょう。

「ふぞろいに参加して良かったと思うことベスト3」の発表です。

ダララララララララ(ドラム音)…

 

ジャーン!!

第1位  素敵な仲間と出会えたこと

第2位  己の未熟さを自覚し、キャパが広がったこと

第3位  次へのステップアップの基礎作りができたこと

 

第1位は、いい意味で最も期待を裏切った結果でした。

U2は診断士になってコンサルがしたいという目標はありましたが、それ以外のことは余り考えていませんでした。しかし、特に執筆を集中して行った濃密な3か月間において、フォロワーシップを発揮し、助け合い(というか助けていただいた)一つの目的に向かって走りぬいたことは、かけがえのない時間だったと感じています。

そして第2位は、井の中の蛙からの脱却です。

診断士を目指そうとされる方のバックグラウンドは、本当に多種多様。しかも、超優秀な方(人間的… 続きを読む “ふぞろい7に参加して思うこと”

合格発表への心の準備はできていますか?

お久しぶりです、おかきです。

 

合格発表まで、あと2週間ですね。

いかがですか? 心の準備はできていますか?

 

私が2次を受験した後には、「できた感」はなかったのですが、自分の力を「出し切った感」はありました。

「ふぞろい7」に掲載されていた川柳の中に、そんな内容のものがありましたよね。あの作者はワタシですw)

 

「あの雰囲気の中で、あの試験問題で、あの80分という時間の制約の中で、私はあれ以上できない」

 

…そう思いました。

もちろん、「あそこはもっとこうすればよかった」みたいなことは思うのですが、それは「後から」思うことで、「その場」の私からは出てこなかったのです。

 

だから、「不合格だったら、次の年はどんな勉強をすればいいのだろう?」と、真剣に悩んでいました。

私には「諦める」という選択肢がなかったので…。

 

そんなわけで、私には恐ろしすぎて、受験番号を自分で見る勇気はありませんでした。

合格通知が届くのを待とうと思っていました。

そのことを、前年に合格された友人らに話すと、

 

「それでは遅いよ。口述試験の準備もしなくちゃ続きを読む “合格発表への心の準備はできていますか?”

Top