時短!過去問トレーニングについて

------------------------------------------
10/21~12/31 2次試験の再現答案を募集中です!詳しくは こちら から。
------------------------------------------

みなさん、こんにちは
いつもふぞろいブログを読んでくださり、ありがとうございます。
諦めないことがコツ!多年度生ナビゲーターまりぃです。
私の自己紹介は<こちら>です。

もう9月も半ばですね。今回は経営法務での8点の加点もあり、
「本試験まであと1か月ちょっとしかない!!」と焦っている方
も多いのではないでしょうか?

2次試験との戦い方を知るために「過去問を攻略すること」が大切
ですよね。
最低でも過去問5年分を3回は解きたいものです。

しかし、実際に過去問に取り組んでみると、何問も与件文をじっくり読んで、
納得できる解答を作るにはかなりの時間が必要になります。

仕事などで忙しい日々の中で、勉強できる時間は限られ
なかなかそれ以上取組むのは時間が足りず・・・
それでも時間は刻々と過ぎて行き・・・と焦りますよね。

私も以前の勉強内容がすっかり抜け落ちたあとの勉強再開時、
(私は6回受験経験があり途中4回目以降勉強をしばらく
中断していました)なかなかまとまった時間が取れず、
この時期にイマイチ戦い方がイメージ出来ていないことに
焦っていたように思います。

そんな時に、友人が紹介してくれて効果があった
「時短過去問トレーニング方法」を紹介します。以下のとおりです。

私はこの方法で、すきま時間に効率的に勉強することが出来ました。

 

<時短過去問トレーニング>
●「読む」「考える」のトレーニング
まとまって30~40分取れれば下記①~③をまとめて1事例1年分、
もしくは①~③パートをそれぞれ何年分かまとめてトレーニング
することも出来ます。
もちろん、それぞれ細切れでも大丈夫です。

まず、事例ごとに過去問10年分の問題用紙と、迷ったとき用に
答案(時間があれば自分で作ったベスト答案、なければ気に入った
ふぞろいの答案や予備校の模範解答)を印刷してファイリングします。

①20~25分程度あれば
与件文を「この事例のテーマは?全体戦略は?強みは?機会は?」
などを考えながら読み込むトレーニングをします。

②10分程度あれば
設問文を読み込み、設問の題意の把握・切り口や解答骨子を考えるトレーニング
をします。

③5分程度あれば
2次試験の解答は1枚の診断報告書なので、第1問から最後の設問まで
一貫したストーリーになっているとの視点で、設問間の関係(設問構造)
を考えます。
例えば、「第1問の題意は環境分析の機会が問われているな、どこかの設問で
活用するのかな。第2問の題意は弱みが問われているな、どこかの設問で
解決するのかな。」といった具合です。

 

●「書く」のトレーニング
設問で問われている戦略レベルごとに数年分縦解きします。1問10分程度あれば書けます。

例えば、各事例で苦手な「環境分析問題ごと」「機能別戦略ごと」「全体戦略ごと」
に絞って縦解きをし、問われ方の把握に加え自分なりの書き方を定めます。
私は特に環境分析問題が苦手で、いつも伝わらない解答を
書いてばかりでしたが、この方法で書き方を定めることが出来ました。

 

以上です。

私はこの方法に9月から取組み、自分の中で事例ごと
の戦い方のイメージを固めることが出来ました。
まだまだ間に合います!
少しでも、時間が取れず悩んでいる方の参考になれば
幸いです。
諦めずに本試験まで頑張りましょう!

 

次回はノリで合格してみたらええやん!独学ストレート合格ナビゲーターさっきーの登場です。

どうぞお楽しみに!

------------------------------------------
2次試験の再現答案を募集いたします!

本試験の再現答案を作成し、来年出版予定の『ふぞろいな合格答案』のため、皆さまの本試験での解答をご提供ください。
『ふぞろいな合格答案』は、皆さまから再現答案のご提供があってこそ発刊できる書籍となります。再現答案の収集に皆さまのお力をお貸しください!

詳しくは こちら から。
※答案受付開始は10/21の本試験終了以降
------------------------------------------
合格ナビゲーターの更新の励みになっています!
ぽちっとワンクリック、ご協力をお願いします!!
↓↓↓

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村
みなさん、こんにちは いつもふ
みなさん、こんにちは☆ 本番勝
ブログをご覧のみなさま、こんに
ブログをご覧の皆様 こんにちは

時短!過去問トレーニングについて” への1件のコメント
  1. レオン より:

    まりぃさま

    いつもためになる情報をいただきありがとうございます。
    諦めず 挑んでおります。

    小生、「書き方」について、苦慮してます。
    演習、模試など受験後、解答を読んで、
    「ふむふむだいたい自分の考えや与件の
    どの部分使うかはあってるぞ」とは思っ
    ているのですが、なかなか「うまく書け
    ない」です。

    まりぃさまが書かれている以下の部分、
    具体的かつ詳細なやり方を教えていただ
    けますか。
    『「各事例で苦手な「環境分析問題ごと」「機能別戦略ごと」「全体戦略ごと」
    に絞って縦解きをし、問われ方の把握に加え自分なりの書き方を定めます。』

    あとわずか、まりぃさまの書かれてる
    ことを実践してみます。

    • ふぞろい より:

      レオン様

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      さて、ご質問頂いた
      『「各事例で苦手な「環境分析問題ごと」「機能別戦略ごと」「全体戦略ごと」
      に絞って縦解きをし、問われ方の把握に加え自分なりの書き方を定める。』
      の進め方ですが、下記のとおりです。

      事例Ⅲを例にしてお話します。

      私は特に「環境分析問題」がレオン様と同じように
      与件の使おうとする部分はあっているのすが、
      うまく書けずに苦慮しておりました。

      そこで
      H28年の第一問、H27年の第一問の設問1,2、
      H26年度の第一問・・・・・
      といったように分析問題ばかりを10年分集め、
      問われ方の傾向(この問い方は弱みを提示させたかった等)を把握したり、
      解いてふぞろいや予備校の模範解答等を参考にマイベスト答案を
      作ったりしました。
      あとは、そのベスト答案を音読して写経し、
      書き方のイメージを頭に叩き込みました。

      また、理由などを問われた場合は、
      並列型で「理由は、⓵因果~、⓶因果~・・・」と書く等
      ある程度書き方を決めていきました。

      これを、事例ごと、問われている内容
      (「機能別戦略ごと」「全体戦略ごと」等)ごとに
      繰り返しました。

      以上です。

      少しでもお役に立てると幸いです。

      まだ間に合います!
      最後まで諦めずに頑張ってください。
      応援しています!

      ふぞろい11 まりぃ

      • レオン より:

        まりぃさま

        ご丁寧かつとても分かりやすいご説明
        本当にありがとうございます。

        数年分の解答を並べて(重ねて)読んで
        みて汎用的な型を抜き取るようなイメー
        ジと理解しました。

        あまり広げすぎず、やってきたことを固
        めていきながらやってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA