得点開示から見る各教科の傾向

------------------------------------------
・10/21~12/31 2次試験の再現答案を募集中です!詳しくは こちら から。
・ふぞろいな口述対策セミナーを開催いたします!
 東京 → 12/8 詳細はこちら(※受付は合格発表直後から!)
 大阪 → 12/15 詳細はこちら(※受付は合格発表直後から!)
------------------------------------------

9月に入ったにも関わらず、相変わらず過ごしにくい気候の今日この頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか??

気温の変化には滅法弱い根性なし、
まったりゆっくり独学派★多年度生合格ナビゲーターのかずさ
 です。

「ペロリン猫ペロリン猫」のフリー写真素材を拡大

昨日のちーたーの投稿で熱血キャラ疑惑をかけられてしまいましたが
「違うよん、へへん♪」的な表情をしている猫さんです。
(ちなみに甲子園は「TVでかかっていたら見る」くらいのスタンスです)

私的に、ストレート合格生にも関わらず、
500時間も勉強したちーたーの方が熱血キャラのイメージどす。

 

さて、それでは本日のお題ですが
得点開示から見る各教科の傾向
と銘打っております。

流石に2次試験まで2ヵ月を切り、
わたくしも遅まきながら、2次試験の勉強法について書きはじめる予定、なのです…が、
正直に、本当の事を言ってしまいますと、、、

わたくし、皆様にお伝えできるようなネタは、
殆ど(というより全く)持ち合わせておりませぬ。。。

((+_+))((+_+))((+_+))

 

というのも。
恥を承知で告白するのですが、確実に、ふぞ11メンバーの中で、
2次試験についての勉強時間がワースト3位に入ること間違いなしであろう、
という程勉強しなかったから……です。
(具体的な勉強時間は、あえて伏せておきます。。。)

1000時間も勉強したまきちゃんは、私の憧れです。。。

 

ただ、過去問を分析し、最低限抑えるべきポイントを洗い出し、
結果として全教科で自分で設定した目標点数をクリアした、
という実績はあり、

しかも、得点開示の点数的にもふぞ11メンバーの中央値で
平均・平凡な合格者ではある「はず」なので、

そんな私の
「2次試験対策・最低限ここは抑えたポイント」
について、全3回コースでゆるーくお伝えできればと思っております。

 

では、前段はこれくらいにして本題に。

今回、なぜ敢えて「得点開示結果」なんて持ち出してきたのかと言いますと、
「全教科に満遍なく勉強時間をかけるべきか否か」
という命題について、可能な限り客観的な観点から述べたかったからです。

ちなみに私自身は、体験を通じて「否」のスタンスをとっております。
(私は勉強時間の9割を事例Ⅳに割きました…)

その論拠となっているのがこちらのデータ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふぞ11メンバー(合格者限定)の得点開示結果になるのですが
(個人情報なので、可能なかぎりぼかしたデータにしております)

ポイント①
難易度が例年並みだった事例Ⅰ・Ⅲは
平均点、標準偏差、ヒストグラムの分布帯、どれをとっても傾向が似通っている。

ポイント②
それに対し、前年は難易度が軟化傾向だった事例Ⅱは
標準偏差が際立って低く、ヒストグラムも60点前後に一極集中している。

最高点も、他教科と比較して10点以上低い。


2次試験の合格率は20~25%と、例年大きな差はなく推移しています。
単純に採点をし6割を合格ラインとした際、こんなにキレイな推移をたどるのは不自然…

と考えた時。
恐らく、採点に相対評価の要素も加味されているのではないでしょうか??
(公式発表ではありませんが、同様の指摘は多くあがっているかと思います)

で、前年の事例Ⅱのように軟化傾向の教科は、受験生の実力差が出にくくなり
「得意な人でも高点数が出しにくい」教科になってしまうのかと。

ポイント③
事例Ⅳは平均点・最高点が高く、ヒストグラムの得点帯も他教科より右に分布している。
一方で標準偏差も最も高く、一番、メンバー毎の点数のばらつきが出た教科である。


ちーたーが繰り返し言っているように、
最高点が異様に高いのは、某メンバーが神すぎるからという理由もあるのですが…(笑)

「数値」が答えになる唯一の教科で、相対評価での調整が困難な事も有り、
合格者と言えども、幅広い得点帯にメンバーが分布されている事が伺えます。
(前年の事例Ⅳは難易度が高く、故に標準偏差も高めに出た、という背景もあると思いますが)

要は、最も「実力が素直に点数に反映される」教科という事なのかと。

あと、平均点が他教科より高く、最低点も他教科より10点ほど高いです。
合格者は事例Ⅳでしっかり点数をとっている、という傾向も見えてきますね。

ここからは余談ですが…
「他教科が苦手でも、事例Ⅳの一点突破で合格している」メンバーが存在するのも
事例Ⅳのみに見られる傾向ですね。唯一、無双が可能な教科、と。

 

まとめると、
・事例Ⅰ~Ⅲが得意教科の場合、難易度が下がった際に得点源にならない事がある
・一方で、事例Ⅳは安定的に得点を稼ぐ事ができる

結論「とにかく事例Ⅳは抑えておこうか★」
という事ですな。

ちなみに自分の一番の得意教科は、前年度は得点源にならなかった事例Ⅱです。
相変わらずの運のなさが、こんな所でも露呈されております(笑)

 

では、ここからが最も大切な「事例Ⅳの対策方法」について。

散々、事例Ⅳ押しの発言を繰り返した割に、私は全く過去問を解いておりません。。。
(もちろん、過去問の分析は行っておりますが)

というのも、
・「過去問を解く」という事は、理解している論点の問題も解かなくてはいけない
・事例Ⅳは、練習が必要なレベルの文章を書かなくてはいけない問題が少ない
・しかも巷には、事例Ⅳの出題傾向をまとめた問題集も発売されている

→(あくまで個人の主観ですが)過去問を解くのって非効率じゃない?? と。

なので、こちらの問題集を使っておりました。

1週目は全部の問題を解き、2週目からは苦手な問題のみを、
と自分の習熟度に応じて調整しておりましたよ。

事例Ⅳの得意・不得意はあると思いますが、
30時間前後あれば、十分に合格点数は狙えるのでは??
と思っております。(あくまで個人の感想ですが)

 

さて、明日の更新ですが、
東北仙台からエールを届ける!2年生合格ナビゲーター とよでぃです。

得点開示結果で、事例Ⅳの点数が私と一緒だったとよさん。
事例Ⅲの点数は流石の一言ですな ( *´艸`)
(詳細は、ふぞろい11の「三章・再現答案」をご参照下さい)

明日の更新もお楽しみに!!

------------------------------------------
2次試験の再現答案を募集いたします!

本試験の再現答案を作成し、来年出版予定の『ふぞろいな合格答案』のため、皆さまの本試験での解答をご提供ください。
『ふぞろいな合格答案』は、皆さまから再現答案のご提供があってこそ発刊できる書籍となります。再現答案の収集に皆さまのお力をお貸しください!

詳しくは こちら から。
------------------------------------------
【ふぞろいな口述対策セミナー開催】
ふぞろいメンバーが実際に昨年経験した口述試験の内容を踏まえて、模擬面接の実施や当日の会場内での流れ、注意点などを惜しみなくお伝えします!
是非ご参加ください!
東京 → 12/8 詳細はこちら(※受付は合格発表直後から!)
大阪 → 12/15 詳細はこちら(※受付は合格発表直後から!)
------------------------------------------
合格ナビゲーターの更新の励みになっています!
ぽちっとワンクリック、ご協力をお願いします!!
↓↓↓

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村
ブログをご覧の皆様 こんにちは
みなさん、こんにちは いつもふ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA