合格答案にある共通点を見つけました

いつも「ふぞろいな合格答案ブログ」をお読みいただきありがとうございます。

「分析(事例Ⅱ)」と「再現答案」担当の“つっきー”です。

 

梅雨入りしましたが、ジメジメ感をふっとばし頑張っていきましょう~!

 

さて今回は、事例Ⅱの分析結果の一部を紹介させていただきたいと思います。

 

さっそくですが、

H25年の事例Ⅱを解いた感触はどうでした?

特に第2問は助言をする問題であり、

一見自由度が高く“書きやすかった”

のではないでしょうか。

実はそこに落とし穴があるのです。

 

再現答案を分析していくと、

「合格+A答案」にはある大きな共通点があることに気が付きます。

それは

「設問要求を的確に読み取り、

問題文(与件文)から点が入るキーワード抽出」

ができているという点です。

 

第2問における設問要求を詳しく分解してみると、

①解答  :「パッケージの工夫」

②制約条件:「地域ブランドの価値を高める」かつ

「原材料の農作物の質の高さ」を訴求するにあたり

「シールを有効活用」する

となり、①と②を満たす解答要素を与件文から抽出し構成します。

 

いかがでしょうか。これらの条件(「合格者+A答案」の共通点)は

認識できていたでしょうか。

すらすら解答でき“書きやすかった”人ほど要注意です。

設問に対し、“素直”な解答を心がけましょう

 

次に「表」を使った第3問が気になりますが、本日はここまでにしておきますね。

(分析のし甲斐がある問題でした(^^))

 

6月20日頃には「ふぞろいな合格答案7」が書店に並びます!

発売までに、もう一度H25年の試験問題にチャレンジし、

自身の「解答+解答プロセス」と「ふぞろい流分析結果」を

比べてみてはいかがでしょうか。

 

発売までもうすぐです。もうしばらくお待ちくださいませ。


合格ナビゲーターの更新の励みになっています!
ぽちっとワンクリック、ご協力をお願いします!!
↓↓↓

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村
平成26年度2次試験の感想~事
こんにちは。あんどぅです。 み
みなさん、こんにちは。事例Ⅰ分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA