事例の客観的分析法

------------------------------------------
・10/21~12/31 2次試験の再現答案を募集中です!詳しくは こちら から。
・ふぞろいな口述対策セミナーを開催いたします!
 大阪 → 12/15 詳細はこちら(※受付は合格発表直後から!)
------------------------------------------

はじめまして。事例Ⅰの分析リーダーを担当しましたOz(オズ)と申します。

連日暑い日が続きますね。GWの疲れが溜まる時期ですので、体調管理にはご留意ください。

 

突然ですが、皆さんは鳥の目、虫の目、魚の目という言葉は聞いたことがありますか?

鳥の目は、飛んでいる鳥が地面を見るように、高いところから全体像を見ること、

虫の目は、虫が地面をはうように、近いところから細かな物事を見ること、

魚の目は、川の中で水の流れを感じるように、全体の流れをつかむことを指しています。

 

事例Ⅰは特に「鳥の目」を意識すべき事例と言われています。

抽象度が高く、苦手な人も多い事例かと思いますが、少し遠いところから客観的に見るようにすると、素直でズレの少ない、整った解答に近づくでしょう。

 

さて、本日は事例の自己採点についてお話したいと思います。

私が事例Ⅰの分析をする中で、一つ気付いたことがあります。

それは合格者やA評価の答案は読みやすいということ。その理由は「素直な」解答であることでした。

 

「素直な」解答って言われても一体どんな解答なのか。

詳細はふぞろい7にて確認して頂きたいのですが、もう少し具体的に表現するならば、

与件文から想像する範囲が飛びぬけすぎていないということです。

 

特に事例Ⅰは抽象度が高い、つまり制約条件が緩い為、様々な因果関係や環境状況が推測できます。

前提条件がずれてしまうと、そこから導き出される打ち手(解答)の方向性もずれてしまいます。

読みやすい解答にはそのズレが少ないのかと思います。

 

では、一体どのようにすれば、ズレを確認できるのでしょうか。

一番効果的な方法は、他の人に解答を見せることだと思います。

やはり客観的な視点からチェックが入る場合、自分だけの考えよりも、多くの考え方が学べます。

 

もう一つ、私自身が使っていた手段として、後日見直すという手段です。

80分間で解いているとき。頭がフル回転ヒートアップしている状態です。

その為、与件文の拡大解釈や論理の飛躍があったとしても、気付かないとしても不思議ではありません。

ところが、一度クールダウンした頭で解答の見直しをしてみると、まるで他人が書いた解答を読んでいるかのように、冷静な分析がしやすくなります。

 

ここで重要なことは、客観的分析によって得られた自分の思考の癖を自覚することです。

自分の思考の癖が分かれば、その癖を意識しながら解答に反映させることが容易になります。

 

ここで挙げた方法はOzの一例ですので、皆さんも自分なりの方法で、思考の癖を意識してみることをお薦めします。

 

冒頭にもありましたが、体調には気を付けながら、今後の勉強を頑張っていきましょう。

それでは、また。

------------------------------------------
2次試験の再現答案を募集いたします!

本試験の再現答案を作成し、来年出版予定の『ふぞろいな合格答案』のため、皆さまの本試験での解答をご提供ください。
『ふぞろいな合格答案』は、皆さまから再現答案のご提供があってこそ発刊できる書籍となります。再現答案の収集に皆さまのお力をお貸しください!

詳しくは こちら から。
------------------------------------------
【ふぞろいな口述対策セミナー開催】
ふぞろいメンバーが実際に昨年経験した口述試験の内容を踏まえて、模擬面接の実施や当日の会場内での流れ、注意点などを惜しみなくお伝えします!
是非ご参加ください!
大阪 → 12/15 詳細はこちら(※受付は合格発表直後から!)
------------------------------------------
合格ナビゲーターの更新の励みになっています!
ぽちっとワンクリック、ご協力をお願いします!!
↓↓↓

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村
平成26年度2次試験の感想~事
こんにちは。あんどぅです。 み
みなさん、こんにちは。事例Ⅰ分
いつも「ふぞろいな合格答案ブロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA