【要注意】持ち込める時計

販促担当の りゅううし です。
試験会場に持ち込める時計について、今年から変更がありました。
予備校に通っている受験生は、予備校からアナウンスがあったかも
しれませんが、まだ知らないという受験生、特に独学者は必読です。

2次試験の案内の、「受験当日に持参するもの」に時計についての表記があります。
平成24年までの受験案内では、”時計(通信機能・計算機能のないもの)”と表記されていました。
ところが、平成25年の受験案内では、”時計(通信機能のない腕時計”と変更されています。

診断士試験では、時間管理のために置時計や、カウントダウンorアップのタイマーを使っている
受験生も多いと思います。

受験案内の文面通りに解釈すると、腕時計以外は使用出来ない可能性があります。
タイマーを使って80分解きを行っている場合、本試験を想定して、これからは腕時計を
使って解くようにしていきましょう。

ただ、腕時計では事例ごとの残り時間を把握するには、少し頭を使います。
本試験では余計なパワーは使いたくないですよね。
そこで、りゅううし からの提案です。

本試験では腕時計を2つ用意しましょう。
1つは腕にはめて現在の時刻を知るために使います。
もう1つは、机上に置いて使うのですが、試験開始と同時に12:00に時間を変更します。

そうすると、試験終了はどの事例も1:20となります。
残り時間何分かを一瞬で把握することが出来、タイムマネジメントのミスを防げます。
いかがですか?
参考になれば幸いです。

時刻合わせを事前に練習しておきましょう(笑

------------------------------------------
今年もやります!!
『ふぞろいな合格答案エピソード12』執筆メンバーによるふぞろいセミナー!!

★ふぞろいメンバーが再現答案を徹底分析、合格答案に見られた傾向を紹介
★ふぞろいを使った効果的な学習方法
★ふぞろいメンバーによる個別相談会
など、内容盛りだくさん!
我々と一緒に合格への道しるべを探しましょう!!

☆☆ふぞろい12大阪(春)セミナー☆☆
日時:2019年4月20日(土)14:00〜16:30(開場:13:30〜)
(※4/4更新。時間を30分後ろ倒ししております。ご注意ください。)
(※終了後、懇親会もあります!)
場所:難波市民学習センター(大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階)
定員:25名(先着順)
申し込みは、 こちらから!

東京は5月18に開催決定!!
申し込みはしばしお待ちください!
合格ナビゲーターの更新の励みになっています!
ぽちっとワンクリック、ご協力をお願いします!!
↓↓↓

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!
にほんブログ村
みなさん、おはようございます。
皆さん、体を動かしていますか?
こんにちは。自分のことで精一杯
皆さんこんにちは! ブルーオー
はじめまして!事例Ⅰチームの、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA