ストレート生向け、二次試験の常識(3)

受験生のみなさま
ふぞろい執筆メンバーのおれんじーです。
今回も、ストレート生のみなさま向けに、診断士の二次試験の常識をお伝えします。
前回の第2回は、
「与件文に下線やマーカーを引く」
について、書きました。
さて、この線の引き方は、実は色々なやり方があり、
複数年受験生は、ひとりひとりこだわりがあります。
例えば、いろいろな色のマーカーを使い分ける人もいます。

他には、文章のスラッシュを書き入れたり、左の余白に段落の概要を書く人もいます。

では、結局どうすれば合格するのか?
結局、どのパターンもいます。
上の2つの例も、前回の例も、全員合格者です。
「結局、いくつか試してみて、自分に合うやり方を見つけることが重要」
という話になります。
ただし、全く線を引かないという人は、私は見たことがありません。
合格者のマーカーの使い方は、いくつかのパターンに絞られます。
なので、少なくとも言えることは、ストレート生は時間がないので、自己流の線の引き方に過度にこだわるのは避けたほうが良いです。幾つかの代表的なパターンから選ぶのが近道だと思います。
一次試験の受験勉強で、ツールに過度にこだわることは時間を浪費するので、なるべく避けるべきだと思います。
ストレート生の二次試験は、それ以上に試験日までの無駄作業を減らすことが重要です。
ちなみに、私はストレートで2次試験を受験した年は、不合格でした。
線の引き方や作業プロセスについて、かなりの検討時間を浪費しました。
そのようにならないように、ぜひともお気をつけください。
気が向いたら、↓押していただけるとありがたいです。
 Please! 1Click/day

------------------------------------------
今年もやります!!
『ふぞろいな合格答案エピソード12』執筆メンバーによるふぞろいセミナー!!

★ふぞろいメンバーが再現答案を徹底分析、合格答案に見られた傾向を紹介
★ふぞろいを使った効果的な学習方法
★ふぞろいメンバーによる個別相談会
など、内容盛りだくさん!
我々と一緒に合格への道しるべを探しましょう!!

ふぞろい12大阪(春)セミナー
日時:2019年4月20日(土)14:00〜16:00(開場:13:30〜)
場所:難波市民学習センター(大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階)
定員:25名(先着順)

受付開始までしばらくお待ちください。
東京は5月中旬に開催予定です!!

合格ナビゲーターの更新の励みになっています!
ぽちっとワンクリック、ご協力をお願いします!!
↓↓↓

他の中小企業診断士関連ブログをチェック!
にほんブログ村
みなさま、いつもふぞろいブログ
こんにちは。自分のことで精一杯
いつもお越しいただき、毎度あり
こんにちは。自分のことで精一杯
はじめまして事例Ⅲ分析チームの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA