1次試験はチャレンジするが吉!

受験生の皆様。日々の勉強お疲れ様です!
ふぞろいな合格答案第2章、分析チームのコーリです。
1次試験の申込が締め切られてしまいましたが、皆様無事申込されたでしょうか?
2次組の方などは、「念のため1次を受けておこう」という方や、「いや、1次は二度と受けない!何故なら今年確実に2次に受かるからだぁ!」という方など、様々いらっしゃったと思います。
私は予備校には行かず、ねくすと勉強会というところで、勉強していたのですが(今でもよく顔出してますけど)、身の回りの受験生を見た経験からすると、2次試験の受験資格がある方でも、1次試験は受けた方が良い事が多そうですね。
例えば、以下のような理由があります。
?基本的な事が本当に分かっているのか再確認する為。
?本番慣れをする為。
<?について>
まず、2次試験の受験資格があると言っても、本当にその実力があるか再確認できます。企業経営論、運営管理などは60点、財務は最低70点は取れる実力が2次受験者の目安のように思います。
受験申込をしなかった方は、1次試験を制限時間内に解いてみて、上記レベルに達しない場合、2次試験でも基本的な論点で失点する可能性が高いと思います。
たとえば、昨年の2次試験で言うと、事例?第4問の見込生産と受注生産の違い(10点)や事例?第3問設問1のCVP(10点?)、第4問の為替、オプション(20点)で、点数を稼ぐ事が怪しくなると思います。
ふぞろいの分析でも、上記のような基本的な設問で失点しているのは、不合格者に多かったです。逆に、合格者は上記のような基本的論点でしっかり点数を稼いでいます。
他の国家試験の例ですが、論述試験での採点において、不合格者が余りにも多くなるような場合や、人数を調整したい場合、設問によって採点に重み付けをする事があるようです。例えば、多くの人が正解の設問は採点を重くし、ほとんどの人が不正解の設問は採点は軽くする、というように。
つまり、2次受験資格を持つ多くの人が理解しているであろう、基本的な論点(1次試験で60?70点が取れるレベル)で失点するほど、不合格に近づくと言う事です。
だからこそ、2次試験を受ける前に、その土台に乗れているのかをチェックすべきだと思います。
<?について>
本番には魔物が潜んでいるといいますが、「2次試験の受験中、頭が真っ白に!」・・・こんな心配ありませんか?
その点、「試験会場の緊張感を乗り越える事」、大げさに言えば「自分を乗り越える事」も試験で隠れ採点項目なのだと思います。
話はそれますが、去年の1次試験直前期にテニスのウィンブルドン決勝がありました。
(1次直前期のあまりの緊張から現実逃避でボーっとテレビを見ていて^^;)
そこでのロジャー・フェデラーの試合が見ものでした。まさしく、精神力の戦いで、 最後は「自分との勝負」という事を教えられた気がしました。
特に、注目すべきは、フェデラーは「精神面の戦い」という事をよく考えて試合に臨んでいたことです。試合後フェデラーは「確かに、僕はウィンブルドンの決勝のファイナル・セットでどう戦うべきかを知っていた」と話しています。
また、2007年のドバイ・オープンで4度目の優勝を手にした後は、次のように話しています。「以前は、大切なのは戦術と技術だけだと思っていました。でも最近は、たいてい精神面や肉体面の方を重視するようになっています。もっと動きを良くするように、イライラしないように、そしていつでもポジティブに考えるようにと心がけています。これが今までで一番進歩した点ですね。今ではプレッシャーがかかっていても、物事をはっきりと見極められるようになりました」。
参考↓
・Sponichi Annex
・物書き冥利に尽きるまで
回りくどくなりましたが、「1次試験を受けて合格している」、そんな経験が自信となり、2次試験会場でも気持ちの上で役に立つ気がします。あのピリピリとした会場の緊張感、体で感じて、乗り越えるしかないですよね^^;
6月14日発売の「ふぞろいな合格答案エピソード3」では、合格者たちがどのように試験に臨んだのか、そんな生々しいエピソードもたくさん載っています。是非参考にしていただければと思います。
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村

  どーも。道中も楽
急に暑くなると、身体がついてい
こんにちは! 七転び八起きの独
みなさんこんにちは! 「あきら
  どーも。道中も楽
急に暑くなると、身体がついてい
こんにちは! 七転び八起きの独
みなさんこんにちは! 「あきら

カテゴリー: 1次試験
1次試験はチャレンジするが吉!” への1件のコメント
  1. ダンナ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    さらに?2次試験は8割が不合格になること?1次試験の難易度の傾向は毎年変わり足切り続出科目が出てくる可能性があること?年1回の試験であること。ですかね。

  2. コーリ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ダンナさん。コメントありがとうございます。そうですね!ダンナさんのご指摘の点もその通りですね!補足助かります!

    今回は、論点を盛込み過ぎると読む方も疲れちゃうと思って、あっさり2つだけ書かせてもらいました^^

    「ふぞろいブログ」、引き続き見てもらえると嬉しいです♪
    では☆

  3. あかし より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「二次受験資格のある人でも一次は受けた方がいい」って、
    一次試験の申込み締め切り後に説くのは、
    一体どういうつもりなんでしょうか。

  4. コーリ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あかしさん、コメントありがとうございます!

    確かに、ご指摘のとおり、1次試験申込締切前に書ければ良かったですね。ブログも持ち回り制なので、思い通りの時期に更新できずスミマセン・・・^^;

    ただ、以下のように考えて頂ければ幸いです。

    まず、「2次受験資格があり、1次試験の申込をしなかった読み手」の方にとっては、これから申込をしたくともできない訳です。そこで、書かせてもらったように、「受験申込をしなかった方は、1次試験を制限時間内に解いて」自分のチェックをする事は、これからだってできます。つまり、読み手の受験生が「自分の合格に役立つな」と思うエッセンスだけをつまみ食いしてもらえれば有り難いです。もしくは、読み手の受験生が「自分の合格に必要ないな」と思えば、読み飛ばして頂ければと思います。

    一方、「2次受験資格があり、1次試験の申込をした読み手」の方もいるはずです。それらの方々については、「なにか得るものがあったならば嬉しいな」と思います。

    「ふぞろいブログ」、引き続き見てもらえると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA