「その先」を見据えてモチベーションUP!


受験生の皆さま、こんにちは!
『エピソード2』の企画・販促、『エピソード3』のアドバイザーを担当しました、まつあにと申します。
今回の『エピソード3』では、「特集」の一項目として、メンバーの「その先」、つまり「合格したらどうする?どうなる?」について、原稿を書かせて頂きました。

☆☆☆

さて、いきなり「その先」と言われても、診断士1次試験をこの夏に控えてそれどころではない、という方もおられるのではないでしょうか。
かくいう私本人も、ゴールデンウィーク前後からかなりテンパってきて、模試結果の悪さを見て不得意科目のリカバリに必死、というのが実態でした。
「その先」への「思い」は、あったと言えばありましたが、「勤務先での停滞感・先細り感を払拭して、残りの人生でもっと世の中の役に立ちたい」という、いま思えばかなり抽象的なものでした。
それでも、受かったらこうなりたい!という「思い」を持ち続けていたことが、1次・2次の各直前期において、最後のひと踏ん張りの原動力になったと思っています。
☆☆☆

企業の戦略策定をする際は、外部・内部の環境分析をふまえ、経営理念やドメインを確認・見直ししてから、個別の戦略・戦術が整合するように検討していくのが一般的です。
(「紙上コンサル」である診断士2次試験の事例問題でも、コアになる経営理念や経営者の「思い」が出てきますね)
実際に診断士としてデビューした今では、アドバイスする側の診断士本人についても同じことが妥当し、「あなたは将来どうなりたいの?」「あなたはどのフィールドで生きていくの?」と常に問われているように感じます。
もちろん、「受かってみないと分からない、見えない」ものも色々あることを、否定するつもりはありません。
それでも、合格者が受験勉強の中で持ち続けていた「その先」への「思い」に触れて頂ければ、今年受験される方のモチベーションがUPすること請け合いです。
『エピソード3』には、「特集」のみならず、第3章(再現答案編)、脚注のコラム・川柳など、その点でお役に立つ記載が随所にちりばめられています。ぜひ、ご活用ください。
☆☆☆

中小企業のみならず、この文をいまお読みの受験生の方においても、外部環境は刻々と変化し続けていることと想像します。
その中で、軸をぶらさずにやりとげるための、「その先」への「思い」について書かせて頂きました。
『エピソード3』の「特集」では、合格してから独立に至るまでの経緯、最近の状況などを書いています。
特に合格後の独立を念頭に置いておられる方、発売になりましたらぜひご一読くださいませ。
『2010年版 ふぞろいな合格答案 エピソード3』は、来る6月中旬発売予定です。こうご期待!

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村

こんにちは!!   超絶怒涛の
こんにちは!!   超絶怒涛の

カテゴリー: 特集
「その先」を見据えてモチベーションUP!” への1件のコメント
  1. それは より:

    SECRET: 0
    PASS:
    モラールでなくモチベーションじゃねぇの。

  2. まつあに より:

    SECRET: 0
    PASS:
    それはさん、コメントありがとうございます。

    辞書によりますと、

    motivation
    自発性, 積極性, (?する)動機を与えること, 動機づけ, 刺激, 誘因

    morale
    (反対・苦難に直面しての)士気, 志気, 元気

    となっていまして(出典:プログレッシブ英和中辞典)、拙文では「直前期のハードな勉強に立ち向かうために必要な元気」の意味で、「モラール」を使いました。

    しかし、別のビジネス用語辞典を見ると、個人に関するものがモチベーション、組織に関するものがモラール、という解説例もありますね。

    後者の定義に解されて読者に読んでいただく手前で引っかかってしまうのは本意ではありませんので、タイトルと本文を変更させていただきます。

    今後ともふぞろいブログをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA