日別: 2009年4月30日

答案分析で得た気づき

こんにちは。
ハンマーです。
今回のプロジェクトでは、企画、再現、分析、校正などを担当しました。
私の勉強法や試験当日の対応については、6月上旬発売予定の
『2009年版ふぞろいな合格答案』に詳しく書きましたので、
今回は、答案分析について書きたいと思います。
80枚以上の再現答案を分析して、改めて気づいたことがあります。
それは、「合格者と不合格者の答案は違う」ということ。
大きく分けると、こんな感じです。
<合格者の答案>
・与件文に忠実。
・文章が読みやすい。論旨がわかりやすい。
・答案に必要な要素(キーワード等)が十分盛り込まれている。
・問われたことに素直に答えている。
・内容が具体的。
<不合格者の答案>
・与件文の引用が中途半端だったり、与件文に根拠のない答え。
・文章が読みにくい。論旨がわかりにくい。
・キーワード不足等で中身が薄い。無駄な字数の消費がある。
・内容が抽象的すぎて何が言いたいのかよくわからない。
・因果関係が最後までつなげていない。
1つ例をあげます。
H20年度事例?の設問2「B社の予約客の数が減少した理由は何か。」の場合、
不合格者の場合、以下のような答案が目に付きました。
「外資系ホ… 続きを読む “答案分析で得た気づき”

Top